JR西日本グループの福利厚生会社 ジェイアール西日本ウェルネット

  • ホーム
  • 比較推奨販売に関する規程

比較推奨販売に関する規程

比較推奨販売に関する規程           

  平成28年5月Jウェル達第27号

第1章  総  則


 (目的)
第1条 本規程は、保険事業における商品提示及び推奨を適切に行うための基準並びに保険契約者等に対する当社方針、理由等の説明要領、記録、証跡の保存等について定め、当社の販売資格者が保険契約者等の保護に十分留意した適正な保険募集を行うことを目的とする。

第2章  推奨方針


 (基本方針)
第2条 当社における比較推奨販売は、当社独自の推奨方針・基準に沿って保険会社を選定した後に、選定した保険会社の商品のうち、お客様のご意向に基づき選定した商品を推奨する。

 (推奨方針)
第3条 当社は、親会社(西日本旅客鉄道株式会社)との資本関係、当社と長年の取引関係、保険会社の事務手続及び保険会社の事故対応等を総合的に勘案した「当社の方針」により、当社の取扱い保険会社の中から次の各号の保険会社を選定する。

(1) 損害保険
  東京海上日動火災保険株式会社
  損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  三井住友海上火災保険株式会社

(2) 生命保険
  三井住友海上あいおい生命保険株式会社
  東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

2 前項に定める選定保険会社の中から、お客様のご意向に基づいた商品を選定し推奨する。ただし、お客様が前項の選定保険会社の中から特定の保険会社を指定した場合は、指定された保険会社の商品を推奨する。

3 お客様から第1項に定める選定保険会社の商品の比較を求められたときは、偏りなく説明する。

 (例外対応)
第4条 第3条第1項に定める選定保険会社以外の当社が取り扱うことが出来る、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、富士火災海上保険株式会社、朝日火災海上保険株式会社、そんぽ24損害保険株式会社、アフラックを対象とした商品について、お客様から説明を求められた場合は、当該商品の説明を行う。

2 当社が、第3条第2項に定める選定保険会社の商品の推奨を行うことにお客様が明確な意思を示さない場合は、第3条第1項に定める選定保険会社の中から、当社が最適な商品を選定し推奨する。

3 第4条第1項の規定にかかわらず、次の各号の商品については、団体割引適用等の理由により、「当社の方針」として、以下の保険会社商品のみを推奨・販売する。

団体扱自動車保険の加入対象者に対しては、東京海上日動火災保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の商品のみを推奨・販売する。

団体扱火災保険は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の商品のみを推奨・販売する。

団体傷害保険は、三井住友海上火災保険株式会社の商品のみを推奨・販売する。

団体所得補償保険は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の商品のみを推奨・販売する。

団体がん保険は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の商品のみを推奨・販売する

4 前項の定めにより推奨する場合は、第3条に定める当社方針を説明し、お客様の意向に基づいたものとの誤解を与えないようにする。


第3章  対応手順


 (お客様への説明要領)
第5条 お客様への説明に際しては、保険商品パンフレットや保険会社からの提案書、お客様の意向に基づいたプラン等を提示、当社の推奨方針及び推奨理由を説明する。

 (推奨保険会社商品の提示・記録・証跡)
第6条 お客様の当初の意向を把握した上で、当社推奨方針である第3条に定める選定保険会社の商品または第4条に規定する特定の保険会社商品を提示し説明する。

2 前項により推奨する商品が生命保険商品の場合は「意向把握シート(様式第1)」により意向把握と確認を行う。

3 第1項により推奨する商品が損害保険商品の場合は自主的なチェック体制として「対応記録簿(様式第2)」により意向把握と確認を行う。

4 前2項に定める「意向把握シート」、「面談記録」及び「対応記録簿」は、推奨方針・推奨理由の説明が、お客様に対して適切に行われているか事後検証するため契約期間満了まで保存する。


第4章  遵守義務


 (遵守義務)
第7条 本規程は、当社としての統一方針であり、当社の販売資格者は全員、本規程に沿った対応を遵守する。従って、いかなる場合でも当社の販売資格者の個人的な判断で本規程と異なる対応は行わない。




附 則 (平28.05.27 Jウェル達第27号) この達は 、平成28年5月29日から施行する。
、平成28年8月1日(第4条改正)から施行する。